土地家屋調査士試験とのW受験は可能か?

測量士補試験と土地家屋調査士試験とのW受験は可能か?

測量士補試験と土地家屋調査士試験のW受験が可能かどうかについて、気になる人は多いかと思います。

 

私も、受験前は同じように気になっていました。

 

いろいろ調べてみると、可能であることがわかりました。

 

それならばと言うことで、チャレンジしてみることにしました。

 

 

そして、実際私が同一年にW受験し、W合格できたことで、このことが実証されました。

 

ちょっと大袈裟ですが。

 

私のような凡人でも合格できたのですから、強い意思を持って努力できる人なら、誰でも可能性はあると思います。

 

土地家屋調査士試験 測量士補試験

 

 

ただ、働きながらのW受験は厳しいかもしれません。

 

私は当時専業受験生でしたので、1日の大半を勉強時間に充てることができました。

 

多い時には10時間(直前期)、少なくても6〜7時間は毎日勉強していたと思います。

 

よほど恵まれた環境で勉強できるか、あるいは天才でもない限りは働きながらのW受験は難しいでしょう。

 

 

働きながらなら、まずその年の測量士補試験で合格を狙い、翌年に土地家屋調査士試験の受験を考えた方がよいと思います。

 

働いていなくても、この方が時間的に余裕があって、精神的に楽です。

 

W受験は、常に追い込まれた状況の中での勉強になってしまい、非常に辛いです。

 

それに、測量士補試験に合格できないと、その年の土地家屋調査士試験には合格できないので、資格学校の費用などが無駄になってしまいます。

 

これだけは避けたいですね。

 

そう考えると、無難に2年で土地家屋調査士試験の合格を狙った方が現実的です。

 

ただ、W受験してW合格も可能だけに、やってみる価値はあります。

 

あとはあなた次第ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 測量士補試験と土地家屋調査士試験とのW受験の際のスケジュール 」

ホーム