土地家屋調査士試験の勉強時間

土地家屋調査士試験の勉強時間

土地家屋調査士試験の勉強期間は、一般的に1〜2年と言われています。

 

勉強時間で言うと、700〜1,000時間です。

 

この時間数は、もちろん一発合格できたらの話です。

 

一発合格できなければ、さらに多くの時間がかかってしまいます。

 

難易度が高い試験だけに、なかなか一発合格は簡単ではありません。

 

土地家屋調査士試験 勉強時間

 

 

勉強期間や勉強時間は、あくまで参考程度にお考えください。

 

と言うのも、土地家屋調査士試験が非常に特殊な試験だからです。

 

記述式(書式)は、計算問題と図面の作成をしなければなりません。

 

計算問題は、誰でも簡単に計算して正解できるほど甘いものではありません。

 

非常に正解を導くのが大変です。

 

かなり数学的なセンスがないと解けない問題もあります。

 

いろいろな問題を解き、センスを磨く必要があります。

 

数学が苦手な人は、マスターするのに時間がかかるかもしれません。

 

 

また、図面の作成も厄介です。

 

作成自体は、何度も描けばすぐにできるようになります。

 

しかし、早く正確に作成できるようになるためには、ある程度の日数がかかります。

 

何日か練習して、すぐに身につくものではありません。

 

器用な人か、そうでない人かでもかなり差が出そうです。

 

 

このように他の資格試験と違って、ある程度時間をかけてマスターしないといけないものがあります。

 

そのため、勉強期間や勉強時間はあまりあてになりません。

 

人により、かなり違うと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 土地家屋調査士試験で使う数学の知識は?理系の方が有利!? 」

ホーム