測量士補とは?測量士補と名乗るためには?

測量士補とは?測量士補と名乗るためには? 

測量士補とは、どのような仕事をする人なのかと聞かれて、明確に答えられる人は少ないでしょう。

 

“測量士”という言葉は聞いたことがあっても、“測量士補”という言葉はあまり聞きません。

 

では、一体測量士補とはどのような仕事をする人なのでしょうか?

 

 

ただ、“測量”という名前が付いているぐらいですから、土地や道路などの測量を行う仕事をする人だと、何となくイメージできます。

 

まったくの誤りというわけではありません。

 

と言うのも、測量士補は測量会社などで業務として測量を行います。

 

測量を行うために必要となる国家資格でなのです。

 

測量士補は、測量のプロフェッショナルです。

 

ただ、公共事業に関する測量であっても、登記に関連する場合は測量士や測量士補は行うことはできず、土地家屋調査士が行わなければなりません。

 

どのような測量でもできるわけではないのです。

 

 

しかし、都市開発や道路建設などには必須の資格のため、有資格者は重宝されます。

 

こういった公共事業関連の仕事はなくなることがありませんので、ニーズが高く安定的です。

 

そのため、不動産業界への就職や転職に役立ちます。

 

就職 転職

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

測量士補となるためには、まず資格を有する者として認められなければなりません。

 

資格を有する者として認められるためには、次のような方法があります。

 

  • 大学であって文部科学大臣の認定を受けたものにおいて、測量に関する科目を修め、当該大学を卒業した者(測量法第51条第1号)
  • 短期大学又は高等専門学校であって文部科学大臣の認定を受けたものにおいて、測量に関する科目を修め、当該短期大学等を卒業した者(測量法第51条第2号)
  • 測量法第50条第3号の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において一年以上測量士補となるのに必要な専門の知識及び技能を修得した者(測量法第51条第3号)
  • 国土地理院の長が行う測量士補試験に合格した者(測量法第51条第4号)

 

(国土地理院HPより)

 

 

一定の要件を満たした大学を卒業することによっても、資格を有する者に該当します。

 

そのため、必ずしも測量士補試験に合格しなくてもよいのです。

 

登録

 

 

資格を有する者が、測量士補になりたいと思えば、測量士補名簿への登録を申請しなければなりません。

 

登録が完了することにより、測量士補と名乗れるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 測量士と測量士補との違いは?仕事内容や試験の難易度は? 」

ホーム