測量士補試験は独学でも合格できるの?

測量士補試験は独学でも合格できるの?

測量士補試験は、独学でも合格できるのでしょうか?

 

個人的には、十分可能だと思います。

 

それは、測量士補試験が過去問重視の試験だからです。

 

 

過去問をきっちりマスターすれば、少なくても合格ラインにまでは達せます。

 

気を付けて欲しいのは、単に以前の過去問について正解できるだけでは不十分です。

 

誤りの肢については、どこがどのように間違っているのかを説明できなければなりません。

 

過去10年分の過去問を完璧にできれば、合格できる可能性がぐっと高くなります。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、1つ問題があります。

 

測量士補は、決してメジャーな資格とは言えません。

 

そのため、テキストや問題集はそれほどたくさん市販されていません。

 

その中に、わかりやすく使えそうなテキストや問題集があればよいのですが、なかなか気に入ったものがない場合があります。

 

 

測量士補は、測量に関する非常に専門的な内容の勉強をしなければなりません。

 

専門用語で書かれたテキストでは、勉強をやる気も起りません。

 

実際、私がそうでした。

 

仮にやったとしても、まったく理解できないのではと感じました。

 

それぐらいわかりにくいテキストが多かったです。

 

比較的取りやすいと聞いていた私は、テキストを初めて見た時、急に不安になりました。

 

 

独学で測量士補試験で合格するためには、自分に適した教材があるかどうかがカギになります。

 

もし気に入ったものがなければ、実質的には独学は難しいです。

 

その場合は、資格学校を利用するという手もあります。

 

講師によるわかりやすい説明を聞けば、理解できるでしょうからね。

 

測量士補試験 勉強

 

 

独学で勉強するのかどうかを決める際には、少し大きめの本屋に行ってテキストや問題集を見てください。

 

実際に中身を見てみないと、わかりやすいかどうかなどの判断はできません。

 

合格できると感じたのであれば、独学で挑戦すればよいと思います。

 

基礎さえ理解できれば、後は過去問をマスターするだけなので合格はかなり近づきます。

 

わかりやすいテキストがないと感じたのなら、資格学校を利用することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 測量士補の勉強時間 」

ホーム