土地家屋調査士とは?司法書士との違いは?

土地家屋調査士とは?司法書士との違いは?

国民にとって、もっとも重要な財産の1つであるのが不動産(建物および土地)です。

 

重要な財産だけに、それがどのような不動産で、誰のものであるのかなどを明確にするために、登記することになっています。

 

登記業務を大きく分けると、「表示に関する登記」と「権利に関する登記」があります。

 

表示に関する登記とは

 

不動産の物理的現況を明らかにすることを目的として行われる登記です。

 

例:建物が建てられて最初に行う建物表題登記など

 

権利に関する登記とは

 

不動産についての権利関係を明らかにするために行われる登記です

 

例:土地の売買が成立した場合に行われる所有権移転登記など

 

 

土地家屋調査士は、表示に関する登記を独占的に行う国家資格です。

 

登記業務を行う上で、土地家屋調査士は測量を行ったり、図面を作成したりします。

 

独立開業型の資格のため、取得後独立して活躍する人が多いです。

 

土地家屋調査士 司法書士 登記

 

ちなみに、権利に関する登記を独占的に行うのは司法書士です。

 

司法書士は、独立開業する人もいれば、企業や司法書士事務所で勤務する人などさまざまです。

 

 

両資格とも、同じ登記業務を行うのですが、扱える範囲がそれぞれ異なっているのです。

 

すべての登記業務を1人で行おうとすれば、両資格を取得するしかないのです。

 

そのため、W取得している人が結構います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 土地家屋調査士試験の概要 記述試験(択一式・記述式)と口述試験 」

ホーム